引越し 船橋 粗大ごみ

引越しでの粗大ごみの処分

引越し 粗大ごみ

 

長く生活すると、どうしても不要品がたくさん出ますね。
小さな不要品はゴミカレンダーを見ながら処分することができますが、大きな家具や家電の処分はそうはいきません。

 

一辺が50p以上あるものを捨てる場合は粗大ごみとなります。
ただし、家電リサイクル法で定められた電化製品は別です。

 

家電リサイクル法で定められた家電とは「エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機」です。
これらを処分する場合はそれらの家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。
しかし買ったお店が近くでない場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

粗大ごみはどうやって廃棄するものなのでしょう。
廃棄方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@回収に来てもらう(有料)
まず粗大ごみを処理する施設(リサイクルセンターやリサイクルプラザなど名前は自治体によって異なります)に電話して、回収日を予約します。
そしてコンビニなどで回収手数料を支払ってシールを貰います。
このシールを廃棄したい粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
シールの値段は粗大ごみの種類によって異なり、また粗大ごみ1個につきシールが1枚必要です。

 

A自分で持って行く方法(無料)
同じく電話で訪問する日時を予約します。
その時に捨てたいものの名前を聞かれますから、忘れないようにメモなどを作っておきましょう。
あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。